HANALOG

lhohana.exblog.jp
ブログトップ
おったひさびさ〜

ブログあるのわっせとった〜

投稿するの久々すぎてなんだかキンチョーw

ほな早速3年に及ぶドレッドライフをお送りします。



ドレッド
☟☟☟☟☟☟☟


c0162489_17273358.jpg


有名なんはこの人やな




c0162489_18365465.jpg


かっちょええ




c0162489_8535274.jpg


くぅぅぅぅぅぅ〜〜〜




ほんで、将来的に目指してたんがこんな感じ

☟☟☟☟☟☟☟☟


c0162489_8553497.jpg


c0162489_8554633.jpg



イカす。








ちょうど3年前、ドレッドをやり始めた。

勢いで。笑




c0162489_9373130.jpg


こん時はまだ短かったなぁ〜

家帰って子供からは
『パパすげぇーーーー!』
って。


嫁さんからは
『...............。』
って。




あ、ちなみにこの前はこんなんな
☟☟☟☟☟☟☟

c0162489_943151.jpg



ちなみにその前はこんなんな
☟☟☟☟☟☟☟

c0162489_9434525.jpg




おまけに学生時代はこんなんな
☟☟☟☟☟☟☟

c0162489_12262231.jpg


ま、これはええか。






で、せっかくやしこれでなんかやろう!!!

と、思って、



c0162489_12393640.jpg


寝ずに石川県まで歩こうと思った www


あ、そん時のブログ
☟☟☟☟☟☟☟

その1
その2
その3
最終回

ちなみにこれはそん時の動画
☟☟☟☟☟☟☟





こんぐらいん時はそんなに重さも気にならんかったんやけどなぁ〜



それが、




c0162489_12315783.jpg


だんだんと、




c0162489_12322319.jpg


伸びていき、




c0162489_12342630.jpg


神道 × ドレッド




c0162489_12363934.jpg


温泉 × ドレッド




c0162489_12383377.jpg


スケート × ドレッド




ついには、




c0162489_12401193.jpg


インドへ。

ちなみに左が俺ね。




あ、ほんまや、インドブログ書いてないわ!!!

今思い出した!!!

また、書こかな。


書くかわからんけど。






職務質問で4人の警官に囲まれたり、



父親の葬儀でこの頭で喪主を務めたり、



c0162489_12492324.jpg


こんなんもあったな。





c0162489_12502930.jpg


黄レンジャーにはなれんかったな。









街歩いてて、後ろ指さされるのは当たり前。


怖いイメージあるみたいで、なるべく口角を上げて生活してた。


それほどまでにドレッドにこだわってたんは、


たぶん、自分のためやったんやろな。




人を外見で判断せんとこ

とか

世界はやっぱり一つなんや

とか

当たり前のことなんかもしれんけど、

そんなんを身を以て経験したかったんやろな。




知らんけど。






自分が棺桶に入るまでドレッドで居ろうと思ってたけど、

その執着はいらんなと思って。

あ、諦めるんと執着は違うって話な。




で、


c0162489_1325143.jpg



気分でバッサリいったった。


ハゲやん。



c0162489_1355741.png


切ってること


と、


c0162489_1362587.jpg


切りたてんとこ。




切ったドレッドを束ねて持ってみたら、


だいたい2kgはあったな〜


頭軽すぎて飛んでいきそうになるし、


首もありえんぐらいグルグル回る。


頭丸めて 『修行か?』


なんて聞かれたけど、


修行やったんはガチでこの3年間。


はい、修行終わり!!!


そんな心境ですwww






酸いも甘いも、いろんな経験ができたのも、


このドレッドのおかげ。




いろんな想いや思い出の詰まったこのドレッド、


お店に奉納しました。

c0162489_19264687.jpg





なんだこのブログw




コータありがとう
[PR]
# by lh-ohana | 2016-09-07 12:18 | goshilog

HANALOG~ストリート~

どなた様も、HAPPY NEW YEAR!!!!!!!

今年も生きてる限り味わい尽くす!!!

ってな具合でゆる〜く、時には熱くよろしくお願いいたしますm(_ _)m

新年!!!ということで、今年一年の目標やらを立ててる方も多いんじゃないかと思いますが、さて、俺の今年の目標は?ってなった時に、コレっ!!!ってのがなくて、自分自身それが悪いことなんて思わんし、たぶん今年もその時その時のニュアンスで動いていくんやろうな〜って思ってます☆

でも、ぼんやりとはあるで〜

ギターもっとうまくなって、ゆくゆくはCDデビュー!?

また、サクッと海外飛ぶかもしれんし...

もっともっと、家族やスタッフと思い出作りたいし!!!

アレも取らなあかんな〜、嫁さんに迷惑かけっぱなしやし。

スタッフも今まで以上に大事にしよう。

なんやかんや言うてもOHANAって家族やし。

それぞれの人生の貴重な時間を共にするわけやしな。

OHANAのテーマ、高め合い、敬い合い、認め合うや。

ほんで、もっと幸せホルモンバンバン出していけるようにしたいな〜

あとは、あれや、ジャッジしない。

人の振り見て我が振り直せじゃないけど、ジャッジしてあんまええことない。

良い方にジャッジするんはええけど、悪い方にジャッジするんは、あんま好きじゃない。

良い悪いなんて人それぞれやしな。

なんか上からやけど、世間を見てそう感じる。

上から言うてもこれは9割がた自分への戒めとか書残してる感覚の方やし。

何はともあれ健康第一、でも命の保証は無し、生まれた時から天任せ。

そやし、生きてる限り味わい尽くす!!!や。


もやもや〜っとしたテーマがあって、それは...ストリート☆


インターネットが普及して、人と人のコミュニケーションで 『直』 が薄れてきてる気がする。


文字だけで感情がないというか。


伝わりにくい。


まぁ、俺もこんな仕事してても口下手やって自覚してるし、文字の方がええ場合もあるんやけど。


マイナス思考ひどい人やら、被害妄想激しい人なんかは、それで凹んだりする人はもったいないって思うしな。

これも、ネットから伝わる文字なんやけどな。笑


まぁ、そんなこんなでストリート。


ストリートで弾き語りってのもいいんやけど、ただでさえ何屋さんかわからん!職業は『竹越』でええんちゃうん?って言われてるぐらいしやっぱ本業をもっと推していきたい。

で、ストリートで髪切るんのもありやけど、もっと手軽にできるもんないかな〜って考えると、あんねん。

コレや。


c0162489_1643661.jpg


c0162489_1654055.jpg



アレンジでございます。

ストリートといえば、お出かけしてっるってことやし、ちょちょいっと短時間で可愛くできるし、これやったらピンとかゴムだけでいけるし。


なんかのイベントの時とか、祭りとかでアレンジ500円ポッキリなんてやったらおもろそうやし。


この想像を膨らませていこうと思う。

ほな、とりあえず最近のアレンジ見てちょうだい♪

お呼ばれヘアも混ざってるかもやけど〜

c0162489_1612530.jpg

c0162489_16123381.jpg

c0162489_16125266.jpg

c0162489_16132119.jpg

c0162489_16161936.jpg





いろんなことがあるけど、原因はフォトンベルト突入ポールスフトやわ。

たぶん。
[PR]
# by lh-ohana | 2016-01-15 16:17 | goshilog

HANALOG~弾き語りデビュー~

c0162489_12194097.jpg
c0162489_1220028.jpg


この前、なんと、心友SHIBATENのライブでギター弾き語りデビューをしてしまった。

まぁ、なんというか、心境としては、『 俺の人生何なんだ!!! 』  って感じ。笑

6月やったか、7月やったか、前回のSHIBATENライブがみなさんの支えで大盛況で終わり、ホッと一息ついていた矢先、OHANAに大きな荷物が届いた。

中身を開けると、アコースティックギターが入っとった。

AMAZONでも注文した覚えないし、差出人の名前見るとSHIBATENからやって、電話したら、今度の敦賀ライブで弾き語りやって。って。

正直無茶ぶりもええとこやと思ったんやけど、なんかおもろそうやな〜ってことで、引き受けてしまった。

俺の場合、このおもろそうって感情はめっちゃ大事。
ひとつの天の声ってゆうか、もうひとりの俺みたいな人が、サイン送ってくれてる気がするから。←ちょっとアブナイ
c0162489_1348595.jpg


shun shun のパクリ



c0162489_13481967.jpg


時には人前でやる練習もせなあかんと思って、路上に出たりもした。

心細いから息子連れて。

c0162489_13452361.jpg


ギターなんてほとんど触ったこともなかったし、全部イチから。

まず、ネットで 『素人 ギター 曲』ってググって、そしたらブワァ〜っていぱい曲でてきて、そん中からいけそうなのをチョイスした。

教えてくれるのは、もっぱらYouTube。

これも『ギター 素人 コード』とかで、教えたがりで親切なギターの先生がいっぱい出てくる。

こう見えてやることいっぱいあるから、ギター教室なんかに通ったら上達の近道なんやろけど、そんなま−ないし、いらんこと知るより、その曲で使うコードとかドンピシャで覚えられるからその方が良かったかな。

あとは練習の繰り返しで体が覚えるのを待つ。...待つってゆうか、叩き込む。

練習。

練習。

練習。

練習。

飲みに行く。

練習。

練習。

飲みに行く。

練習。

練習。

練習。




って感じで。



で、3ヶ月経った。




c0162489_14124814.jpg


いよいよ、当日。

静かなる決意と友に。



ライブは土曜日やって、店やってる人ならわかると思うけど、土曜なんて日は休むなんてよっぽどじゃないとあんま考えられんと思う。

んでも、この日は俺ん中でもよっぽどやったし、なんせミュージシャンとしてのリハーサル(響きええな)もあるし、思い切って終日休んだ。




c0162489_1418318.jpg
c0162489_14181241.png


毎回、思うことがあって、SHIBATENの音楽は聞けば聞くほど心に染みる。

魂に響いてくるってゆうのはこうゆうことなんやろうか。

あ、これはライブじゃないと味わえんこと。



c0162489_1422025.jpg


まじ泣ける。

あ、ライブじゃないと味わえんと思う。



c0162489_14235090.jpg
c0162489_14232985.jpg



キターーーーーー


BEGIN 『三線の花』


息子の学校の運動会で使われてた曲で、息子の頑張りにこの曲が相まって感動したから、この歌にしようと思った。

歌詞も、亡くなった親父を彷彿させる感じやし、これでいこうと思った。




そんな緊張せんかったんやけど、体は正直で震えてた。


だから声も震えたけど、ええ感じにビブラートになった。



つづく。




















まぁ、こっからどう考えてもそんな文章続かんから書いてまお。


歌詞まちがったり、弾き間違えたりしたけど、聞いてる人はあんまり気付かんみたいで、意外や意外、みなさん結構褒めてくれたのでした。


やっぱ、なんちゅーか、仕事がんばってないんと違うけど、←めっちゃがんばってるで!!!

それ以外のことにも一生懸命になりたいわけ。

興味あることはなんでもやる。

制限かけてるのは自分。

ほんま最近思うことやけど、成功者と言われる人は、自分の思った通りの人生を歩む。みたいなフレーズ⁇そんな感じあるけど、それだけが全てじゃないってことやと思う。

いろいろあるけど、客観的に見て、今の俺、想像してなかった自分やしな。

んで、やっぱ、ミエナイチカラはある。

だから、謙虚でいたい。

今回のことはSHIBATENが導いてくれたし(ミエテルチカラやん)、それ以外にも働いてるチカラがあったし、

あ、こんなフレーズもあったな、

『成功者とは、他人の能力を引き出すことができる』 みたいな。


ん〜、文章長くなってきて、何書いてんのかわからんくなってきたな〜

いつもやな〜


ここらで終っとこ〜、まとめ下手くそやし〜


またお店来てくれた時とか、飲みに行った時にでも〜
[PR]
# by lh-ohana | 2015-10-30 14:53 | goshilog

HANALOG~人生は劇場~

それについて自分なりに深く感じて、また考えて、それをどう書いていいんかもわからんし、ここに書くことじゃないのかもしれんけど、俺の今の心境を書き留めておくことは"何か"のためになるかもしれんと思って書こうと思う。

今日は(今日も!?)少し長いです。

実家で両親と姉貴家族、そしてうちの家族と集まってワイワイガヤガヤと幸せなお正月を過ごした。
ジィジ(俺のオヤジのことで、以下ジィジ)も体調万全でないなりに、みんなに料理を振る舞ってくれた。
そのジィジが、10日ほど前に亡くなった。
66歳やった。




ー ジィジへ ー

ジィジの人生を想えば想うほど、キーボードを打つ手が止まるわ。
それほどまでに、ジィジの人生は簡単なもんじゃない。
でも俺の、ありがとうとごめんなさいを言葉にするな。

小さいとき、買い物に行くとき肩車してくれたときの高いところからの景色、恐怖と楽しいが半々やったわ。

ジィジが指の無い人らと麻雀やってて、そこに迎えに行ったときのタバコの煙たさと雰囲気は衝撃やったわ。

俺が保育園通ってたとき、先生にアホって怒られて、ジィジがそれに対して怒鳴り込んでいったこと、なんか嬉しかったわ。

敦賀で1番ゴルフの上手い散髪屋になるって意気込んでて、仕事って何やろ?って幼いながらに思ったわ。

高校で俺が野球してたとき、最後の大会に仕事放ったらかして応援きてくれたこと、嬉しかったし、今思い返しても涙でるわ。

俺が20歳になってから一緒に飲みに行くのが夢ってジィジが言ってて、それを叶えることができて、その時カラオケで歌ってくれたさだまさしの歌聞いて、そこで初めて俺に対する気持ちがわかった気がして、あの時泣けたわ。

初孫が産まれたときのジィジの喜んだ顔、あのときちょっと親孝行したかなと思えたと同時に、命のつながりについて考えたわ。

4年前、ジィジが自分の『死』について向き合い、あのとき、ジィジの気持ちと身体はジィジにしかわからんかったし、家の主としていろんなことを踏まえての決断やったんやな。そんなことも俺はわからんと、あーでもないこーでもないって言うてしまって、それでまた迷わせてしまって、ほんまにごめんなさい。

そんな最中、アメリカへ旅することを気兼ねなく送り出してくれて、その時に経験したこととか気持ちは、今の俺の支えです。

そんなジィジへ何もできん自分へ苛立ち、願掛けも兼ねて歩いた130キロを、ジィジはただただ、褒めてくれたな。

最後に救急車で福井に搬送するとき、2人っきりで親子最後の時間やったよな。雪降ってて時間かかったよな。寒かったよな。俺の着てる服ほとんどジィジにかけて少しは暖かかったか?手握ったり身体さすったり励ましたけど少しは気持ち紛れたか?

病院着いて、また血出てしまって、お医者さんにもう助からんやろうと言われて、それをジィジも聞いてて、その時のジィジはそれを覚悟して受け入れて、あのときのジィジは格好良すぎて、俺は絶対忘れんで。

息も絶え絶えのとき、バァバとかトモねぇの声聞こえたよな?みんなジィジに感謝しとったよ。

心臓の音が止まって、お医者さんに臨終の宣告を受けて、そのときジィジの顔、メチャクチャおだやかで...。

お通夜のとき、ジィジ見てたやろ?あの人の数。
あの人もあの人も来てくれて、顔ボロボロにして泣いてくれたんやで。
貫太らも泣いてたんやで。ジィジの孫やもんな、あの子ら優しいわ。
いっぱい孫と遊んでくれて、あの子らにもそれは刻まれてるよ。

火葬場に行って、俺がスイッチ押して、押した後ジィジの遺影見たら微笑んでくれてて、俺はゴメンしか言えんくて、涙こらえるのに必死やったわ。

ジィジの築いてきた家族、最高の家族やったわ。後のことは意識あるときにも伝えたけど、何も心配いらんしな。ただ、見守っとってな。

ありがとう。そして至らんとこあったと思うけど許してな。

ジィジにもらった命、大事に生きていくしな。

ー 弘貴より ー




いろいろ家を整理してたら、ジィジが入院中に自分の気持ちを赤裸々に書き綴っていたノートが見つかった。

副作用でつらいこと、
早く家に帰りたいこと、
復帰したらやりたいこと、
自分を自分で励ましてること、
家族や友人への感謝など。

きっといろんな当たり前が感謝になってて、そのときの気持ちはジィジにしかわからんやろう。

俺のオヤジである、竹越良一の人生劇場は幕を閉じた。
そしてそれは、完璧やった。
この世に完璧なものはないと思ってたけど、人は死ぬとき、それは完璧やったと思えるのかもしれん。
俺もいつかはそれを迎えることになる。
自分の死を想うことは、どう生きるかに繋がってる。
それを想うと俺なんかまだまだで、ジィジの足元にも及ばん。
だからこれからも日々勉強日々修行で命ある限り生かせてもうし、また相談にのってな。

お通夜・葬儀にあたって当たり前かのようにご尽力いただいたみなさま、人のために損得でなく動いてくれるみなさんに、はっきり言って感動しました。
ありがとうございます。
また自分もこうありたいと心底思ったのでした。

またジィジの生前お世話になった関係者さま、また遠方よりかけつけてくれた方々、ほんとにありがとうございました。

ジィジという俺の父親の一生は、俺にとってあまりにも大きく、これからまた俺ら家族と共に生きていくのです。

ブー(実家の犬)、あっちでもジィジに可愛がってもらえよ〜
※ジィジが亡くなって10日後の今日、ジィジが可愛がった愛犬は追いかけるかのように静かに息を引き取りました。

[PR]
# by lh-ohana | 2014-01-21 12:59 | goshilog

HANALOG~2013-2014~

珍年、あけましておめでとうございます!!!

竹越です。

もう10日経ってるけど。



昨年もいろんなことあったなぁ〜

なんて想いながらの年越し。


2013年の出来事、勝手にベスト3〜〜〜♫


まず、第3位!!!



c0162489_11251066.jpg

c0162489_11264587.jpg



2月にSHIBATENたちと共に旅したオーストラリアの日々〜〜〜★

国を離れ、外国の文化や人と触れ、いろんな経験とそれを踏まえていろいろ感じることができる旅はやっぱやめられん。次はどこ行こっかなぁ〜




第2位!!!



c0162489_11284439.jpg

c0162489_11294119.jpg



敦賀から石川・白山市まで単独徒歩の旅〜〜〜★


いまだに言葉になんかできんあの経験は、ちょっとだけ誇れる出来事やった。

次は何しよっかなぁ〜




そして、栄えある第1位は.............












言えません。笑



いずれ言う時が来るでしょう。




とまぁ、こんな感じで勝手に振り返ってみました。






OHANAはこの正月、6日間も休んでしまいました〜(例年は5日間やしあんまり変わらんのやけど)

まがいなりにも一応経営者で、『休む=売り上げゼロ』ってゆーわけやし、その辺考えすぎてしまうとなかなか長期で休むってゆーのもいろいろ考えるし、いつも来てくれるお客さんのことももちろん考える。

今、OHANAのスタッフはみんな家族持ちで、やっぱこんな時はスコン!と休んでそれぞれの大事な家族と過ごしてほしいなぁ〜と思ったから。

ハワイの言葉でOHANAは家族って意味やし。




で、休み明けて6日から営業再開スタートしてるってわけです。





c0162489_1024295.jpg





俺個人的には正月は自分の実家、ゆかり(嫁)の実家、子供らのためにユニバーサルスタジオ行ったりして過ごした。



c0162489_1175192.jpg

c0162489_11829100.jpg

c0162489_119985.jpg

c0162489_118282.jpg

c0162489_11112516.jpg

c0162489_11115611.jpg





やっぱ家族の存在はでかいわ〜



なので、大事な家族のために今年どーする?っちゅうこっちゃな!









c0162489_11394572.jpg



昨年、たぶん1番一緒にお酒飲んだ人がおるんやけど、Dちゃんなんやけどな、正月明けに一緒に飲むことがあって、いろいろ話してたんやけど、俺の昨年の流行語大賞(俺が常に話してたワード)が、

◯ 極論

◯ 人それぞれ

◯ 価値観

やったらしい。笑





今年はどんな1年にするか、今から楽しみで仕方ない...。


今年もみなさま、よろしくお願いいたします★☆


[PR]
# by lh-ohana | 2014-01-10 11:43 | goshilog
ブログにこんなこと、しかも写真付きで書いてええことかわからんけど、俺の素直な気持ちとして書き残しとく。


昨日、おとついと、おじいちゃん(母親方)の通夜・お葬式があった。


お正月ぐらいしか会わなかったおじいちゃん。


94歳。病名はなくて、老衰という、とても自然な『死』やったそうです。


河野村(南越前町)の大良というところに住んでいて、毎年お正月に顔を出すと、おいしいカニとかお刺身をごちそうしてくれたり、額の大きいお年玉をくれた。


信仰心の強いおじいちゃんやった。


物が食べれんくなって、病院にいた時に、家族みんなでお見舞いに行った。


じいちゃんの手を両手で握った俺の顔を見るなり、なんやそのヒゲはみたいな感じで自分のあごをスリスリしとった。


うちのオカンがじいちゃんに、『じいちゃんの子で良かった』って言ったら、じいちゃんは天に向かって手を合わせてた。


俺が孫やったからか、じいちゃんは優しかった。


そんなじいちゃんがまだ入院する前、正月やったかな。


大良に行ったとき、ほぼ寝たきりやったからか、背中が痛かったらしく、俺に背中押してくれって頼んできて、俺はじいちゃんの背中を押した。


うれしかった。


俺はじいちゃんに物をもらったり、何かしてくれることはあっても、


俺がじいちゃんに何かをすることはなかったから。


『もうええ』って言われるまで、俺はじいちゃんの背中を押した。


感謝の気持ちをいっぱい込めて。


そんなじいちゃんが、自然に亡くなった。


お葬式で息のしてないじいちゃんは、人間はこうもきれいに逝けるのかというような姿やった。


魂はもうそこになかったかもしれんけど、じいちゃんの額に手を合わせ、


『ありがとう』


と言った。


俺はじいちゃんの人生を語ることはできんけど、


中学の時に亡くなったもうひとりのじいちゃん同様、俺の誇れるじいちゃん。


亡くなって遠くに行った感覚よりも、俺の心にいつもじいちゃんが刻まれてるから寂しくないで。


1年に1回ぐらいしか会わんかったけど、これからもっといっぱい話ししてな。


説教はほどほどにしといてな。




c0162489_1350378.jpg







まだまだこんなおれやけど、代々受け継がれてさずかったこの命を大事に、そしてめいっぱい生きたいと思います。



じいちゃん、ありがとな。

[PR]
# by lh-ohana | 2013-11-12 13:59 | goshilog
ここぞという時のために、溜めておいたパワーがある。


そのパワーの名は、















『エロス』











そう、エロスです。







エッチなことを妄想すると、不思議とパワーが湧いて来る。


エッチがあれば、何でもできる。


気でもおかしくなってたのかもしれません。


でも、残り7キロ、気力体力すべてを使い果たしていた俺は、


このエロスパワーで乗り切ったと言っても過言ではあります。







c0162489_1422177.jpg
c0162489_1404277.jpg







真夜中のゴール。



時間・・・40時間47分。


歩行距離・・・124、8km





よくやりました、自分。



そして、恐るべしエロス。







c0162489_14155634.jpg
c0162489_14154345.jpg
c0162489_14151988.jpg





侍〜SAMURAI〜の称号をいただきました!!!





c0162489_14194060.jpg





エロスに乾杯!!!









じゃなくて、


真夜中まで待っててくれた、SHIBATENとあいちゃん、


応援してくれたみなさま、


そして俺を支えてくれてる家族に、


乾杯!!!!!









めっちゃごちそうご飯やら、お風呂やら、至れり尽くせりを申し訳ないほどに受け、


フッカフカの布団で就寝♡


エロスを妄想するパワーも残っておらず、堕ちるように眠った。










翌朝、全身筋肉痛で目覚めた俺は、


終わったんやなぁ〜〜〜、と実感。


ほんまによ〜やったな〜〜〜


あきらめんで良かったなぁ〜〜〜


みんなのおかげやな〜〜〜


と、しみじみ思うのでした。








今回の旅で学んだこと。







それは、














『エロスは偉大なり』










名言です。









うそです、いやホントです。


でも、ここはちよっと真面目に書きます。







俺は、意味のなさそうなことをするのが好きみたいです。


人は意味のなさそうなことは、たいがいしません。


それをしようとすると、


『何のために?』


『意味がわからん』


『アホちゃうか?』


よく言われます。


俺は自分のことアホやって思ってるし、今回のことに関してもやる意味なんてわかってなかったから傑作です。


それでいいと思っています。


意味なんて後づけでいいんです。


やった人にしかわからんのです。


そして、やった人も実はあんまりよくわかってないのです。笑


再度言うけど、俺はアホなのです。


意味を見いだそうとすればするほど、頭がおかしくなるのです。


130km歩いた。


それで十分です。


それでぎゅーんです。










SHIBATENたちと温泉に行って、今のこと、これからのことなんかを話して、


当然帰りは電車で!ということで駅まで送ってもらった。


SHIBATENはすばらしき男です。


一緒に行ったアメリカの旅から始まり、めちゃくちゃ大きな影響を与えてくれます。


これからも、兄弟として共に人生を歩んでいきたいです。





c0162489_15453836.jpg



あいかわらず、デコは広いですが...

SHIBATEN & あいちゃん、ほんとにありがとう!!!









そして、






40時間かけて歩いた距離を、たった1時間で帰ったのでした。











今回の最終回が、このようなふざけたような内容になってしまって、本当にすみません。


本来はもっと、こうバシッと、感動的なストーリーを綴ろうと思っていたんやけど...


おそろしさに欠けるということで...


あっ!


おもしろさに欠けるということで...


実際問題、おもしろいかどうかもわかりませんが...


いや、おもしろくありませんが、


最後まで読んでくれてありがとうございます...




そして、こんなハレンチなブログを書いて、大丈夫やろか?


と、若干心配しながら、まぁええかと開き直りながら、この最終回を終えたいと思います...。



そして、最後になりましたが、読んでいただいた皆様にこの言葉を贈ります。



それは...



























『エロスは偉大なり』










おしまい。
[PR]
# by lh-ohana | 2013-11-01 15:57 | 旅ブログ

OHANAからの元気発信


by lh-ohana